Kiyu Nishida

ja.   en.

Communication+


  • メディア: 3D Audio, VR, Web Application
  • 長さ: 04:55
  • 公開時期: 2018-08
  • 公開場所: KAMUNA (Karlsruhe Museum Night)
  • 本作品は ADAA2018 (アジアデジタルアートアワード) 学生 / インタラクティブ部門 入賞 International Students Creative Award (ISCA) 2019 デジタルコンテンツ部門 入選を受賞しました。

    スピーカードームでのアンビソニックによる3D音響と、観客のスマートフォンを使ったスマホVRによる作品です。作品が始まる前に観客にあるwebサイトにつないでもらいそのwebサイトを経由して、曲が進むのと同時にVR映像を再生、また観客のVR内での位置を表す円の色を変化させることによってVRと現実とをつなげました。観客が作品の一部に参加できるインタラクティブな作品です。VR映像と3D音響を使うことによって没入感の高い作品となっています。

    観客は自分の座っている位置を入力します。これによって、観客のVR内での位置を表す円柱が表示されます。これによりVRと現実とをつなげました。また曲に合わせて色を変化させることによってよりインタラクティブに楽しる作品にしました。

    自分の足元に見える円がVR空間内で、自分の位置を示す目印で、遠くに見える円柱は、他の観客を示しています。

    このビデオでは、実際のVR映像を展開した映像に、ダミーヘッドで録音した映像を合わせています。一部スマホのキャプチャーを混ぜ説明しやすくしています。ヘッドホンやイヤホンなどを通して聴くと、より臨場感が味わえると思います。Communicationと本作品は同じ曲を用いていますが、インタラクティブ部分が異なる作品です。