Kiyu Nishida

ja.   en.

ネイチャー


  • メディア: フォトグラム
  • 公開時期: 2017-12
  • 自然と人工物の対比がテーマとなっています。作品は定規や歯車のような人工物よ葉や種のような自然物で構成されています。一般的に”ネイチャー”という言葉は人間に対する言葉として使われますが、真の意味とは自然と人類が調和している姿を示すのではないでしょうか。

    人間と自然

    2017年10月から2018年1月にかけて創作された5作品を並べてみると自然と人間の関わりというテーマから創造された作品が多く、これら5つの作品が一つのコレクションとみることができることに気づいた。最初の作品、『手にとる』では自然物への興味を、第二の作品『戒め』では道具の中にある自然の温かみを、
    第三の作品『ネイチャー』では自然物と人工物の対比を、第四の作品『わたしの多面性』では自己の表現方法を、そして最後の作品『共生と調和』では自然物と人工物を貫く人 間の力強さをテーマとしており、それぞれの作品をこの一連のコレクションの中に位置付けることができると感じた。